星界シリーズボット:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

星界シリーズボットとLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(星界シリーズボット)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

星界シリーズボットの登録タグ 【編集】


星界シリーズボット(オーナー : hurry_holly)のプロフィール

キャラ個人名
星界シリーズ
いつ活動してる?
常時
どこで活動してる?
平面宇宙
どんな活動してる?
星界シリーズ布教
趣味
ジントをいじること
性格
素直に悪質

星界シリーズボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

「平和の裡にことを収めようとしているわたしの努力が見えませんか?」 「あの挑発的な通告が、ですか?」 「挑発的はまた思いも寄らぬ評価ですね」皇太子は心からいった。「わたしは事実を客観的に教えて差しあげただけです」
スーメイ人だけのナヘーヌ(地上世界)がほしい。それも数多く。さらにいうなら、将来的には増えてほしい。もちろん、増えるのは目的ではなく結果ですが。もしその願いがかなうなら、スーメイ人による星間国家は必ずしも必要ないのです。
「本来なら、監督の片腕になるべきは、おれなんかじゃなくて、ジュスウィックあたりですかね」 「そんなことはない。ジュスウィックが生きていたなら、おれと同格になっているだろう」 「それもそうか」 「ここは否定するところだぞ」
スーメイは平面宇宙航法を利用して多くの星系に植民し、勢力を拡大していった。人口の少ない星系に大量の移民を送りこみ、住民の合意によって連邦に編入するという、見方によっては侵略ともいえなくはない手段を採用したのだが、<ハニア連邦>が軍事圧力や同盟強化によって勢力を拡大したことがない
「アーヴの地獄に落とされる心配はないな」 「なぜそういいきれるんです?」 「ソバーシュ艦長はもののわかったお方だ。おれたちがアーヴの地獄に牽かれる前に、苦しみのない死を与えてくれるだろう」

▲Go to Top


星界シリーズボット
オーナー : hurry_holly

状態 : 動作中
ランキング : -位